[ 76 / egy / h / kc / librejp / sp / v ] [ ukko ]

/librejp/ - librejp

librejp@sportschan
Name
Email
Subject
Comment
File
:
Embed
Password (For file deletion.)

https://endchan.org/librejp/
http://ylcjjrqko7pgobnvzreemm565ea3oj3c7rfqqb4x4twmay6hafv54mid.onion/librejp/catalog.html

File: 1610261414398.jpg (257.11 KB, 1125x779, 1125:779)

 No.49801

THE DEEP STATE

勝手に次スレ

 No.49802

>>39269

前スレ

 No.49804

トランプ vs ディープステート

ファイ!

 No.49820

世界中が停電したらしいが何をしたのかな

 No.49836

sage進行なの?

 No.49839

どんなに頑張ってもナプキンをとったインテリリベラルの勝ちは揺がんだろうし「バックラッシュ」なんか10年は来ない
国民の融和や統合が困難とか中間層の没落とかはまあそうだろうけどそもそもそんな問題を魔法のように解決できるやつなんかこの世にいるわきゃない

 No.49844

ローマ法王逮捕の報が
これは嘘かまことか
明日になればはっきりするか

 No.49849

嘘だと思うがわからん
20日までマジで何が起こってるのか判断できない

 No.49861

そもそもディープステートって誰なんだ

 No.49868

トランプをネットから排除したらよりカルトな奴が中心になっちゃったでござるの巻
あちゃーと言う感じだけどまぁそのうち何とかなるだろ

 No.49880

File: 1610346619295.png (446.25 KB, 1080x1920, 9:16)

州兵が軍事行動中
DS死ぬかな

 No.49927

File: 1610358180293.jpg (2.3 MB, 2576x2220, 644:555)

>>49861
>そもそもディープステートって誰なんだ
食人ロリコン倶楽部です

 No.49933

File: 1610360658090.jpg (47.25 KB, 1254x323, 66:17)

消されたら増える

 No.49947

集団糖質化やめろ

 No.49968

トランプはメディアやSNSに軍送ってくれや

 No.50032

大統領令EO13848が発動したらしいけど
トランプ側がヒに削除されてるせいで動向がわからん

 No.50058

この戦争(?)でトランプが勝ったらアメリカだけじゃなく他の国もTOP層が総入れ替えになるな
ローマ法王ですら立場が危ないとか笑うわ

 No.50061


 No.50062

File: 1610489222494.jpg (41.88 KB, 984x210, 164:35)

他の海外掲示板からだけど
今こんな感じらしい

・JFK Jr.は生存。噂の副大統領には就かず国の再建にまず尽力。
・バイデン政権誕生せず。1月20日以降おそらく4月頃まで正式な大統領不在。
・緊急事態アラート
・放送局が大統領の発言を遮断した場合、放送免許剥奪。
・不正選挙検証委員会の設立。

 No.50067

>>50062
そのような恥ずかしい妄想をお前は本気で信じているのか?

 No.50072

決着が引き伸ばされ過ぎて胃が痛い

 No.50085

対トランピアンがひと段落したら何故かオタク=レイシスト・ペドフィリアとか言い出してオタク弾圧を始めるにカシオミニに賭ける

 No.50117

ローマ法王がライブ配信始めた
本物かどうかわからんが生きてるアピールしてる

 No.50133

軍は動くなってお達し出たよ
残念だったね

 No.50300

銀河英雄伝で腐敗とは汚職する事じゃない
汚職を成敗出来ないことだって言ってた
アメリカは腐敗しきっている

 No.50465

もう20日になるけどトランプは戒厳令とかアクションせんの?
日本からだと何もわからんから困る

 No.50479

トランピアン、割と屈強な奴らもやってるし体育会系やってれば健全ってわけでもないな

 No.50503

突然のシュワの裏切りにはがっかりだったよ
ところでシュワはあるとき突然ヴィーガンになったそうだね
お肉が食えなくなるようなことでもあったかな?

 No.50504

>突然のシュワの裏切りにはがっかりだったよ
不正だらけのカリフォルニア州だぜ?
元からだと思うぜ

 No.50524

それでお前らの敗北条件ってなんなの?
まだ負けてないまだ負けてないって永遠にゴールポスト動かし続けるつもり?

 No.50537

1月20日にバイデンが正式に大統領になればバイデンの勝ちでそうさせなかったらトランプの勝ちだろ
結果が出るのはもう少しだよ

 No.50574

File: 1611078475869.jpg (599.21 KB, 1644x3436, 411:859)

トランプ大統領がバイデンの就任予定の2日後の1月22日に大統領命令を出し、生命の尊厳を宣言する
https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/president-trump-issues-executive-order-january-22-two-days-bidens-planned-inauguration-proclaiming-sanctity-life/

トランプ大統領は本日、別の大統領命令を発行しましたが、これはジョー・バイデンの就任計画から2日後に予定されています。EOは生命の尊厳を宣言しています。

トランプ大統領は本日、別の大統領命令を発行しました。これは、2021年1月22日を国民生活の聖域として宣言するものです。このEOのユニークな点は、ジョー・バイデンが1月20日に大統領府に就任する予定であるということです。

 No.50580

>ジョー・バイデンが1月20日に大統領府に就任する
そうなったら大統領令を停止させたり出来るし終わりじゃないの
トランプ側が何したいのかわからんな
何かアクション起こすならもうやらんと駄目でしょ

 No.50613

File: 1611123241320.jpg (302.5 KB, 1024x768, 4:3)

#Synagogue0fSatan(S0S)は、#GreatReset AKA Dystopia 2030 AKA Prison Planet AKA World Communism 3.0 AKA the Borg Future AKA#TheBeastSystemの背後にあります。 S0Sは劣生学を促進し、地球の人口を黒人と混合し、平均的な知性を低下させることを目的としています。次に、彼らは残りの世界人口を淘汰して管理するつもりです。ワクチン接種は、この目的のために人間の牛に使用される技術の1つです。ワクチン(1798)は、ラテン語の科学的な形容詞の意味で、「牛から、牛に関係する」という意味です。 「ワクチン」はラテン語の「vaccinus」から「牛から」を意味し、「vacca」からは「牛」を意味します。名詞としてのワクチン/#ワクチン接種は、1800年に英国の医師エドワードジェンナー(1749-1823)によって、類似しているがはるかに穏やかな天然痘ウイルス(牛痘ウイルス)を人々に注射することによって天然痘ウイルス(天然痘ウイルス)を予防することを公表した技術のために最初に使用されました。 。ワクチンがそれらを服用する人を保護するのであれば、他の人がそうしないのに、なぜワクチンを服用した人が世話をする必要があるのでしょうか?さらに、ワクチンを接種しない人が社会的影響に直面する必要があるのはなぜですか?あなたがあなた自身の体の所有権とあなたの体に入るものを決定するあなたの権利を放棄し、あなたが自由に拒絶することができないワクチンに服従するならば;もともと牛用に開発されたワクチンで、あなたは人間の牛であり、獣としてマークされています。 COVID1984ワクチンを接種する場合は、#Mark0fTheBeastを接種しています。 「ユダヤ人は人間と呼ばれていますが、非ユダヤ人は人間ではありません。彼らは獣です(タルムード:ババメジア、114b)。」ワクチンの不妊については、「妊娠中の非ユダヤ人は妊娠中の動物に勝るものはありません(Coschen Hamischpat405)」。 SOSは、ディストピアのグローバルな全体主義的統制を確立することを意図しており、そのために利用可能なすべての方法と技術を使用します。すべてがサタンの獣の奴隷になります。あなたがアッラーを信じなくてもイスラム教徒は存在します。同じように、サタンを信じていなくても、S0Sは存在します。反逆者。

 No.50614

File: 1611123352050.png (7.01 MB, 3000x1744, 375:218)

>>50613
The #Synagogue0fSatan (S0S) is behind the #GreatReset AKA Dystopia 2030 AKA Prison Planet AKA World Communism 3.0 AKA the Borg Future AKA #TheBeastSystem. The S0S promotes dysgenics and aims to mix the populations of Earth with Blacks, lowering average intelligence. Then, they intend to cull and control the remaining world population. Vaccination is one technology that will be used on the human cattle for this purpose. Vaccine (1798) is a scientific Latin adjective meaning, "pertaining to cows, from cows." 'Vaccine' is from Latin 'vaccinus' meaning "from cows," which is from 'vacca' meaning "cow." Vaccine/#Vaccination as a noun was first used in 1800 by British physician Edward Jenner (1749-1823) for the technique he publicized of preventing Variola major (smallpox virus) by injecting people with the similar but much milder Variolae vaccinae (cowpox virus). If a vaccine protects those who take them, why should those who have taken the vaccine care if others do not? Furthermore, why should those who don't take a vaccine face any societal consequences? If you give up ownership over your own body and your right to determine what enters your body, and submit to a vaccine that you are not free to reject; a vaccine originally developed for cattle, then you are human cattle, you have been marked as a beast. If you take the COVID1984 vaccine you are taking the #Mark0fTheBeast. "The Jews are called human beings, but the non-Jews are not humans. They are beasts (Talmud: Baba Mezia, 114b)." Regarding vaccine sterility, "A pregnant non-Jew is no better than a pregnant animal (Coschen Hamischpat 405)." The SOS intends to establish dystopian global totalitarian control, and will use all methods and technologies available to do so. All will be made beastly slaves to Satan. Muslims exist even if you don't believe in Allah. In the same way, the S0S exists—even if you don't believe in Satan. Rebel.

 No.50615

File: 1611123510969.jpg (210.08 KB, 1016x1024, 127:128)

1945年のドイツでは、国際テロが東から吹き込み、西から吹き込んだ。その後、獣の厳しい顔を見た人は、自由、平等、民主主義、人間の兄弟愛、人権など、これからの数年間の平等に再び甘やかされることはありません。

レヴィーロ・オリバーは、1945年にワシントンDCに来たとき、アメリカ人がすぐに裏切り者を政府、根、支部から追い出すと完全に確信していたと述べた。彼らが戦争に導いたユダヤ人の裏切りについて知ったとき、彼らは彼らの正当な報復を正確にするだろうと確信している。

8年後、ジョー・マッカーシーの堕落とともに、オリバーは彼の以前の自信が完全に見当違いであり、彼はひどく間違っていたことを自分自身に認めました。

第二次世界大戦の前とその戦いのほとんどを通して、ジョージ・パットンはほとんど非政治的な人物でした。彼は一つの愛、一つの興味、一つの趣味を持っていました:戦争。

戦争が勃発したとき、彼はそれを「邪悪なナチス」を打ち負かしたり、ユダヤ人を解放したり、自由のために打撃を与えたりする方法とは考えていませんでした。彼はそれを、彼にとって重要な唯一のこと、彼に取りつかれたこと、つまり戦争に再び関与する方法として見ました。

パットンが彼の非政治的な眠りから目覚めたのは、彼が義務を怠っている兵士を平手打ちしたときでした。すぐにマスコミは彼を凶悪で暴君的な鬼として描写しました。メディアがイベントを形作る力を見るのに彼は長くはかからなかったし、メディアをユダヤ人が運営していると特定するのにも長くはかからなかった。

パットンはアイゼンハワーをペンシルプッシャーとサイコファントとして軽蔑した。そしてアイゼンハワーがパットンが赤軍をベルリンに打ち負かすことを止めたとき、彼は彼を軽蔑した。彼はいくつかの陰謀が進行中であることに気づき始めました。ソビエトの冷酷な恐怖に何百万人もの人々を委託することに非常に満足した陰謀。確かに、人間の自由のための戦争。

彼がついにすでに平和なベルリンにたどり着いたとき、彼の教育は完全になりました。彼は、これが戦争ゲームでも、勇敢な愛国的な原因でもなかったことを初めて見ました。これは国際的なテロでした。

パットンの考え方の最初の手がかりは、彼が見たユダヤ人に対する彼の反応です。 75年間の執拗な宣伝と教化に慣れている今日のほとんどの場合、戦後のやせ衰えたユダヤ人の光景​​は、巨大で無制限の思いやりを引き出します。これが究極の犠牲者であり、人間に対する人間の非人間性の最も差し迫った象徴であると彼らは考えています。

それらを肉体で見たパットンは、まったく異なる反応を示しました。 「追放された」ユダヤ人の光景​​は彼を嫌悪感で満たし、彼を彼の核心に追いやった。彼は彼らを人間以下と見なし、彼らに惜しみなく注意を払うことに反対しました。

赤軍に対する彼の見方も否定的でした。彼は彼らを野蛮人と呼び、彼らが街中で酔っ払ってよろめいたと述べた。

その一方で、彼はドイツの人々を非常に同情して見て、彼らに感銘を受けました。彼は、10人のドイツ人を召喚し、穴を掘るように言うと、1、2時間後に戻ってきたら、穴が開いていると言いました。

これは彼がビジネスをすることができる人々でした。これは高貴な人々であり、救う価値のある人々でした。

彼は私たちが間違った軍隊と戦ったことをすぐに見ました。

彼は、ドイツの元首としてアドルフ・ヒトラーの後継者であるデーニッツ大提督が、第三帝国の降伏前に言ったことを理解していました。彼は、イギリス人とアメリカ人が彼ら自身の民族の利益のために戦うのではなく、ボルシェビキの普及のために戦うのを見ました。

パットンは遅ればせながら、彼と彼の部下が人間の解放の先駆者ではなかったことに気づきましたが、国際的な犯罪陰謀、つまりユダヤ人の陰謀、アメリカ政府の高所にいるユダヤ人の陰謀を助長する鈍器として使用されていました。

もちろん、この知識は、勝利者によって紡がれる新たな物語に反するものでした。ユダヤ人は歴史上唯一の犠牲者であるという宣伝に反対しました(彼らが実際に何であったかではなく、大きな犯罪の加害者でした)。要するに、この知識はダイナマイトでした。これはアメリカ人が得る必要のある知識でしたが、まれな例外を除いて、彼らは決して得ませんでした。

パットンはすぐにアメリカ軍とドイツ軍で構成される軍隊を編成したいと考えました。レッズをヨーロッパから追い出し、モスクワの郊外に戻す軍隊。真の解放の戦争。

彼らがこの計画の風に乗ったとき、軍の高官は彼が3つの目を持っているようにパットンを見ました。

しかし、実際にはっきりと見ていたのは彼だけでした。危険で危険な敵の脅威にさらされていなかったのは彼だけでした。

パットンはニュルンベルクでの戦争犯罪のためにドイツの指導部を試す計画を聞いたとき、彼は元気でした。これは彼が持っていたすべての価値に反しました。彼はドイツ人を決して悪とは見なさなかったが、むしろ彼が打ち負かしたばかりの名誉ある敵と見なした。捏造された容疑での準司法裁判の茶番劇でそれらを試すこと、そしてほんの数ヶ月前にどこでも、どの法律にも存在していなかった「犯罪」のために、それは愚かで不名誉な運動になるでしょう。それらを試すことは、ちょうど戦ったばかりの戦争を汚すことになるでしょう。

 No.50616

File: 1611123687870.jpg (113.13 KB, 1024x717, 1024:717)

>>50615
それは、彼が最も重要な指数であった古代の戦士の規範に完全に反していました。

それは彼のサクソン人の公正なプレーの感覚を怒らせた。

それは意図されていました。

彼はすでに「非ナチ化」の取り組みに反対して記録に残っていました。彼はこのすでに偉大な人々から彼らの最高の男たちを一掃する理由を見ませんでした。彼は前の戦いでそのような人が必要になることを知っていました。

もし彼がドイツを征服し非産業化し、ドイツ国民をひざまずかせるためのモーゲンソープランを知っていたら、彼がすでに知っていたことを確認したでしょう:ユダヤ人がアメリカ政府を運営し、彼ら自身の悪意のある目的のためにそれを運営している。

ワシントンDCはアメリカの支配の外を通過した。

ジョージ・パットンは、巨大な名声、途方もない勇気、果てしないカリスマ性、そして止められない口を持っていました、

ジョージ・パットンが新たに獲得した知識を武器にアメリカに転がり込んだ怒りと「戦い」の火の玉があったとしたら、それは爆発的だったでしょう。

後に彼はマッカーシズムが学んだことを学んだであろう:ルーズベルト政権がユダヤ人の共産主義者でいっぱいであったことを証明する事実と詳細。アメリカ人が彼らが彼らの信頼を置いた人々によって裏切られたことを示す事実。

彼はこれらの容疑を固執させることができた一人の男でした。彼は、本格的に始まり、戦前、戦中、戦後に急増した洗脳からアメリカ人を救うことができた唯一の男でした。洗脳は、ヒトラーと国家社会主義ドイツを破壊し追放しなければならない唯一の悪として描写しました。 、コストがどうであれ、獣の厳しい顔を「人類の希望」として描いた洗脳。

ジョージ・パットンは、アメリカ人の計り知れない利点に、記録をまっすぐに立てることができたでしょう。

そのため、私たちの腐敗した政府と軍隊の指導者たちは、彼が彼らにとって危険であることを知っていました。

そのため、彼らは彼が処分されなければならないことを知っていました。そして彼らは彼を殺害した。

そして、歴史を正し、アメリカを名誉ある道に導いたかもしれない男、この偉大な男、このアメリカの英雄、すべての名誉が行くこの男、この男は決してそれを生き生きとさせませんでした。

 No.50619

長い
3行で頼む

 No.50640

急にマジモンが来てしまったから対立煽りがどっか行ってしまった

 No.50651

1月20日は普通に就任式が終わってしまったか
1月22日にどうなるかだな
どうにか出来るのか?

 No.50710

File: 1611221793600.jpg (116.39 KB, 2048x946, 1024:473)

バイデンが2人居て駄目だった

 No.50713

倍デン

 No.50738

File: 1611262768305.jpg (221.22 KB, 1280x1087, 1280:1087)

アメリカはユダヤ人に支配されています。

 No.50739

File: 1611263147900-0.png (663.49 KB, 750x978, 125:163)

File: 1611263147900-1.png (397.03 KB, 602x866, 301:433)

>>50738
ヨーロッパもユダヤ人に支配されています。

 No.50740

File: 1611263361495.png (5.17 MB, 6212x3108, 1553:777)

ユダヤ人は第二次世界大戦に勝ちました。

 No.50741

the Chinese have won

 No.50742

>>50741
ええ、中国共産党も勝利した。

 No.50743

>>50742
中国共産党とユダヤ人は同盟国です…今のところ。

 No.50744

こうなったらロシアに組したい

 No.50750

File: 1611279341271.mp4 (2.8 MB, 1280x720, 16:9)

ユダヤは鼻持ちならないねー
この傲慢さ

 No.50785

Nippon, hear the warning now. Otherwise very soon you will be next.

 No.50786

尖閣諸島に中国が攻め込んで来そうな感じはあるな

 No.50825

>>50786
日本はもはや保護のために米国に頼るべきではありません。バイデンはユダヤ人と中国共産党の人形です。

 No.50830

結局ゴールポスト動かして妄想続けてるな
未だに2012年に世界滅亡のマヤ暦予言信じてるようなもんだぞ

 No.50863

全然トランプが動いてくれないからバイデン逮捕は駄目っぽい感じだな
いくらでも勝つ手段はあったけどもうタイムリミットだ

 No.51048

何も起こらねえじゃねぇか!
あーあ世界終わったな

 No.51053

戦ってるフリをしていつの間にか撤退する作戦だったな
アメリカは大きな詐欺国家だとだれにでもわかるだろう

 No.51629

File: 1612172211177.jpg (2.53 MB, 4272x4106, 2136:2053)

ユダヤ人はアメリカを所有しています。

 No.51631

File: 1612174093871-0.jpg (164.18 KB, 1015x768, 1015:768)

File: 1612174093871-1.jpeg (62.88 KB, 1038x576, 173:96)

>>51629
>"Racist!"

 No.51632

File: 1612175009445.jpg (160.64 KB, 1280x720, 16:9)

Obama's Father

 No.51639

File: 1612178221277.png (114.2 KB, 480x262, 240:131)

です

 No.51640

トランプはまだ勝てる見込みある?

 No.51773

>>51640
ない

 No.51798

File: 1612326107151-0.jpg (168.66 KB, 962x724, 481:362)

File: 1612326107151-1.jpg (139.11 KB, 962x724, 481:362)

File: 1612326107151-2.jpg (207.38 KB, 962x1285, 962:1285)


 No.51854

File: 1612411174623-0.mp4 (7.92 MB, 1280x720, 16:9)

File: 1612411174623-1.jpg (107.27 KB, 800x600, 4:3)

File: 1612411174623-2.jpg (163.94 KB, 993x1368, 331:456)

File: 1612411174623-3.jpg (36.39 KB, 375x500, 3:4)

すべての穴を使うだけではなく,残った具材まで有効に活用させていただきます

 No.51862

File: 1612414621840-0.jpg (97.98 KB, 1024x698, 512:349)

File: 1612414621840-1.jpg (89.07 KB, 956x960, 239:240)

>>51854
英国も英じゃない

 No.51874

File: 1612418408835.mp4 (378.54 KB, 960x720, 4:3)


 No.51877

もうDEEP STATEを倒すのは無理なんですか?

 No.51884

いないものは倒せないよ

 No.51886


 No.52616

民主主義をやめるしかねぇ

 No.52629

DSファンドを守るために支払い無期限に

 No.52630

結局、金玉握らずに強権だけ振り回すと三日天下になるよってのと安易に勝ち馬に乗ったつもり・メタを張ったつもりになるとただの嘘つきになるよって話
特にこれからはトランプ支持者の世と触れ回ったTwitterアルファたちは反省してほしいが無理だろうな無敵だし

 No.52673

トランプは軍を動かせば勝てたのにやらなかったヘタレ

 No.54287

(repost)

>>52615

英語ですみません

You are either a fool or a manipulator.
"sage" 笑, does it bother you that the thread is bumped?
For your benefit, I will assume temporarily that you are a fool: "deep state" is a metaphor, an imperfect simile like any metaphor. It refers to high-level observable dynamics of a large state apparatus and the supposedly-non-governmental institutions surrounding it. Dynamics that persist despite apparent political re-orientation or re-organization in the form of changing politicians and policies. Actually, it's a typical formula in the anglophone world. People have used "deep foo" to name various sorts of "foos" which are perceived as hidden from open view but whose effects are tangible and whose relevance is enduring.

Ok, there are stupid people everywhere and the formula has been used stupidly more than once as basically a meme for ignorance (e.g. "deep web"), but when a phenomenon exists, and an enduring, unelected, unaccountable, major component of the US state does exist, then it is useful to give it a name. You don't like "deep state"? So pick another one: "establishment", "entrenched power", "state within a state", etc.

Of course, I don't mean that you should follow the desperate tales of morons who choose to believe in a coherent, coordinated, all-powerful, all-pervasive, almost personified cult able to determine everything from grand geopolitical strategy to minor everyday interactions. Of course not, such tales and portrayals are simply the embodiment of fear and ignorance felt by dim people (and, qualitatively, not very different from ancient pagans creating antagonistic gods out of tempestuous weather or natural cataclysms).

However, it remains truth that the US state is a hugely vast "organism", only a tiny portion of which is constituted by the elected politicians. The military-industrial complex, state military, private military contractors (weapons manufacturers, support and mercenary suppliers, etc.), state intelligence agencies, intelligence contractors (digital weapons providers, wargame planners, etc.), banks, financial funds, energy corporations (petroleum, gas, etc.), media, lobbyist groups, propagandists ("ngos", "thick tacks"), technology corporations, the entire class of "public servants", etc. etc. all play significant role in formation of the state and it is laughably naive to believe that elected politicians in the US actually hold control over them. Actually, the opposite is much closer to the truth: bankers drafting the President's cabinet (e.g. Obongo), corporations and career lobbyists writing laws for legislators, war contractors advising and lobbying to the state/defense department (when not staffing it themselves), intelligence agencies taking wholly partisan positions during presidential campaigns (e.g. leaking ludicrous speculative "dossiers"), media supposed to determine ("call") election results despite its overt partisanship, media and technology giants censoring the acting President's communications (e.g. refusing to broadcast his speeches or outright banning him from public discourse [inside private monopolies]), officers getting munificent "compensation" for worthless speeches given to banks, media, or other corporations, politicians offered board sits at any of the previously mentioned institutions or conglomerates which they fittingly repay by picking corporate officers into their government staff, etc. etc.

And should I even mention the conspicuous over-representation of a certain foreign ethno-religious tribe among many of these institutions, corporations, and interest groups? One known for its brazen engagement in state terrorism, political assassination, occupation and displacement of native populations, false flag military attacks, promotion of revolutions, insurrections, regicide, nihilism, pornography, degeneracy, etc. in foreign nations? One which has been vying for control over USA's foreign policy since the days of JFK (assassinated at a time when that group of people where surreptitiously scurrying towards development of nuclear weapons in defiance of its benefactor)? From a religion which considers outsiders mere cattle to be exploited?

In such general setting, thinking about something like a "deep state" becomes unavoidable, and it's important to name something so that one can think about it usefully, effectively.

By the way, the "deep state" concept could be (and has been) applied to other governments. If it is for now applicable principally to the USG is because it is certainly the most obscenely wealthy and disproportionally largest on Earth. I realize that, as a vassal of the US, Japanese government is not truly sovereign and therefore it seems likely to me that any potential Japanese deep state will eventually just lead back to USA. But, as the US empire starts to decline in the coming generations, it may be that an opportunity will arise for Nippon to once again be a sovereign nation. If the opportunity arises, a more widespread and shrewder understanding of how the empire and "liberal democracy" actually works and how government might develop in a potentially sovereign Nippon may become very valuable for your population.

 No.63395

バイデンなんもしねぇな

 No.64806

File: 1627636347719-0.jpg (101.99 KB, 960x720, 4:3)

File: 1627636347719-1.jpeg (2.1 MB, 4000x6000, 2:3)

File: 1627636347719-2.jpg (62.73 KB, 1200x630, 40:21)

File: 1627636347719-3.jpg (53.56 KB, 700x394, 350:197)

父親にあまりにも似ていないことで有名なチェルシー・クリントン
歯並びは本物かなあ
アメリカはどうしようもない腐臭がする国家だな

 No.64875

クリントンがまだ生きてるのが不思議

 No.64966

File: 1627819785722.jpg (93.48 KB, 650x535, 130:107)


 No.65030

File: 1627896607923.jpg (134.35 KB, 800x669, 800:669)


 No.66067

結局バイデンってどうなの?



[Return][Go to top] [Catalog] [Post a Reply]
Delete Post [ ]
[ 76 / egy / h / kc / librejp / sp / v ] [ ukko ]